トップへ
月と季節の暦とは
<月>の会
志賀 勝
カレンダー 月暦手帳
イベントスケジュール
月と季節の暦
-Moon & Sun Calendar-
「月と季節の暦」2020年版(2020年1月25日〜2021年2月11日)
発売開始のご案内
2020年版表紙 2020年版内容
B4版/4色刷 2019年1月1日からご利用いただけます
2019年12月12日発売
定価 2,000円(税・送料別)

昨年来の送料高騰につき、
メール便で送ることのできるサイズに変更いたしました。
縦24.5p、横33pです。
長年慣れ親しんだサイズでしたので変更を避けたかったのですが、
やむ終えず今年6月に志賀自身が変更を決定いたしました。
どうぞご了承ください。
こちらをクリックすると、正月の編集面がご覧いただけます

郵便・メール便等でお送りし、郵便振替用紙を同封しますので、カレンダー到着後にご送金ください。どうぞ下記「月と太陽の暦制作室」宛にファクスまたはEメールでご注文ください。

「月と季節の暦」は、日本はじめ東アジアで伝統的に使われてきた月暦(つきごよみ、いわゆる旧暦)。月に関するすべての情報(月齢、月の出入り時刻、大潮・小潮、満潮・干潮時刻)、また太陽のリズム(二十四節気、七十二候)を収め、私たちの生活を支える両輪である月と太陽の日々の状況が手に取るように分かるよう作られています(より詳しい解説は、こちらをクリック)。

暦本文のほか、2019年版の企画は以下のとおりです。

★月名作撰★ 『月世界旅行』や『聖母なる月のまねび』他、「月」にまつわる物語を集めました。

★月暦歳事撰★ 今も月の暦を守り続けている、各地の稀少なお祭りを集めました。

★萬葉(よろづは)の月★ 万葉の時代、今よりもずっと密だった月と人との関係。初々しささえ感じさせる萬葉の人々のことだま。

★閏四月★ …月と太陽を共に考えよう!

★その他★ 今年も「惑星と月遭遇表」を掲載しています。

*  *  *

期間限定2,000円(税込)で発売中!

【ご注文の方法】

「月と季節の暦2020年版注文」と明記のうえ、
ファクス、Eメールのいずれかで

●郵便番号
●ご住所
●電話番号
●お名前
●ご注文部数
を下記「月と太陽の暦制作室」にお知らせください。
ファクス 03−6869−8155

Eメール info@tsukigoyomi.jp
上にもご案内のとおり、同封の郵便振替用紙にて代金をお支払いください。

月と太陽の暦制作室 月こよみ手帖係

2020年版「月こよみ手帖」は休刊いたしました。ご迷惑おかけいたします。2021年版から復活いたしますので、宜しくお願いいたします。

月と季節の暦
“バックナンバー”

暦のバックナンバー?思われるかもしれませんが、この暦は書籍でもあり、月や季節についての話題が特集面に豊富に含まれています。



 
2019年版  読み物特集「月の小筺」日本各地で伝えられてきた、民話、説話、神話を集めました。
絵特集「川瀬巴水〈地域〉を照らす・後編」:大正〜昭和の浮世絵師が北海道から九州まで地域性豊かに描いた月絵を特集。
小特集「月の秘密12か月」月について知っていただきたい基本的な知識をまとめてみました。
2018年版  特集「命の月 出産、農業、動植物、魚類…」:出産、農業、動植物と月をテーマに、十二個の話題を掲載。
絵特集「川瀬巴水〈地域〉を照らす」:大正〜昭和の浮世絵師が北海道から九州まで地域性豊かに描いた月絵を特集。
小特集「月名植物」:何らかの理由があって月の名が冠された植物を集めました。
2017年版  特集「歳時滔々 ─いまここに月─」:今も活発に行われている、月暦に基づく歳時を集めました。
「月の瞑想」:歌人・俳人・作家たちの心に残る月の表現集。
閏月特別企画:「『閏月』と『晦日』とは何か?」
2016年版  絵・エッセー特集「歳時夢幻 ─在りし夜の月─」:四天王寺押し合い、尾張津島天王祭、高輪廿六夜、ほか。
月暦二十周年記念「暦と私」:各分野の利用者が執筆。
「月で読む萬葉集」:月と萬葉歌人の交感を、歌で例示。
2015年版  特集「歳事へようこそ! 誰にもできる年中行事」:五節供、お花見、夏祭り、月待ち、節分ほか。
絵師が描いた年中行事:広重、芳年などの浮世絵ほか
年中行事のしつらい:七種、卯月八日、八朔ほか

2019年版表紙
△2019年版
2018年版表紙 2017年版表紙
△2018年版 △2017年版
2016年版表紙 2015年版表紙
△2016年版 △2015年版
2014年版表紙 2013年版表紙
△2014年版 △2013年版
2012年版表紙 2011年版表紙
△2012年版 △2011年版
2010年版表紙 2009年版表紙
△2010年版 △2009年版
2008年版表紙 2007年版表紙
△2008年版 △2007年版(在庫終了)
2006年版表紙 2005年版表紙
△2006年版 △2005年版
2004年版表紙 2003年版表紙
△2004年版 △2003年版







Copyright(C)2016 月と太陽の暦制作室 志賀 勝