トップへ
月と季節の暦とは
<月>の会
志賀 勝
カレンダー 月暦手帳
イベントスケジュール
月と季節の暦
-イベントスケジュール-
今後の予定
:志賀講演予定 :<月>の会・東京 ■:その他月関連イベント
●別途、2016年の年間歳事計画を公開しています。
 こちらをクリックしてください。
●イベント情報については時間など変更もありえますので、
 ご参加希望者は事前にご一報ください。
2017年3月11日(土 月暦二月十四夜)
「月の学校」の例会として、民族文化映像研究所の作品の 2回目の鑑賞会を開きます。作品は中国山地の村の農耕と歳時の一年を追った「豊松歳時記」(97分)。当日は東北の地震から 6周年の日。中国山地の映像を観ながら、原発爆発によって避難を余儀なくされ、歳時を営むことができなくなった多数の人びとがいる私たちの現実をしっかり見つめる機会にもなればと希望します。
18時集合、少し飲食後、18時半から映画鑑賞に移ります。会費1,500円、〈月〉の会・東京オフィスにて(お問合せはこちらをクリック)。定員は20名です。
2017年3月12日(日 月暦二月十五夜)
「小正月月待ち」の会が満席で申し訳ないことでした。改めて「月待ちの会」を呼び掛け、遅ればせながら新年挨拶の会を営みたいと思います。いつもながら安心な素材の食事を用意します。
17時集合(月の出は17時26分)、会費2,500円、オフィス(上掲)にて。今回もあぶれる人がいるといけないので、早めに連絡ください(お問合せはこちらをクリック)。前夜から連日のご参加も大歓迎。
2017年4月9日(日 月暦三月十三日)
氣学の「翔氣塾」主催の講演会へ。タイトルは「月と暦の活用法」。13時半から16時半まで、会費3,000円、会場は三軒茶屋の太子堂区民センター。お問い合わせは、暦制作室まで(クリック)
2017年4月11日(火 月暦三月十五夜=満月)
「月の学校」例会。佐野正行さん(「マーキュリー・アカデミー」主宰、〈月〉の会会員)のお話「医師としての経験、そして現在」を聞く会とします。19時から。会費700円(お茶菓子付き)、オフィス(上掲)にて。定員20名。
Copyright(C)2017 月と太陽の暦制作室 志賀 勝