トップへ
月と季節の暦とは
<月>の会
志賀 勝
カレンダー 月暦手帳
イベントスケジュール
月と季節の暦
-月と季節の暦とは-
月暦

三日月から始まって上弦、満月、下弦と、月は規則正しく地球の周りを平均29・5日のサイクルで一周しています。「ひと月」というのは古くからこのサイクルをいう言葉で、月暦はこの月のリズムをもとに作られているものです。月の好きな人はもちろん、月は生命のリズムに深く関わっていますから、出産関係者、農業・漁業、芸術家、古典文学愛好家、俳句関係者、小・中・高の先生、東洋医学・西洋医学関係者などすべての職業にわたり、老若男女世代を問わず利用されているのがこの月暦。月の光はすべての人びとを遍く照らすといいますが、なるほど月を必要としている人がこれほど多いとは作り始めたとき(1997年)には考えも及ばなかったことです。

さて、西暦(新暦)は太陽だけで成り立つ暦ですが、「月と季節の暦」は月のリズムをもとにした月暦で、旧暦とか陰暦といわれるものとおなじです。では月だけでこの暦は成り立っているかというと、全然違います。立春、春分、夏至ということばをご存知でしょうが、これらは二十四節気といわれる、太陽の位置を示す24の節目です。月暦にはこの二十四節気がかならず入っています。ということは月と太陽の両方から成る暦(だから太陰太陽暦です)であって、実際月暦の新年は立春(太陽の節目)に一番近い新月を正月一日(ついたち)とすることになっていて、わたしたちに最も身近な天体の月と太陽の両方が分かる便利なもの。こんな素晴らしい暦をなぜ日本人は捨ててしまったのでしょう?

作り始めたときは、西暦とともにプラスワンでいいと思っていましたが、むしろこの暦を主に西暦を従にすればいいと今では思っています。暦には西暦との対照が簡単に、見やすく表記してありますから、この暦だけで日常生活は十分。毎日は太陽の昼と月の夜からなります。人生を二倍楽しむ秘訣がこの暦にはあります。

 

季節

西暦で3月から5月までが春というような季節感はとっても杜撰(ずさん)。実感として春は2月中に始まりますし、最も寒冷な大寒時期を経て、立春前後にわたしたちはほんとうはその変化をキャッチしているものです。梅は咲くし、ウグイスは鳴くし。日本列島に生活した人びとは兆しというものにとても敏感でしたし、耳を澄ましてそれを探ろうとしたものです。二十四節気は、そういう細やかな変化を知らせる太陽のリズムを表現したもの。よく天気予報で「暦では春だが…」といった決まり文句を聞きますが、季節の推移をおしえてくれるのが暦であって、そうでなかったら必要ないはずです。「月と季節の暦」にはさらにすごい古代的叡智(えいち)を収めています。それが、「七十ニ候」。ほぼ五日ごとに季節の推移を細分したのがこの七十ニ候で、ご覧になったらこれにはちょっとおどろかれることと思います。

 

暦=時間を考えるために
 

次の質問に答えられる人はまずいません。冬の真っ盛りの西暦1月1日がなぜ新年なのか、という問題です。どうぞ回りの皆さんとこの質問を検討してみてください。実はユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の時代、それまで春分が新年であったものを恣意(しい)的に変えたせいで、1月1日には何の意味もないのです。日本人がこの新年を後生大事のように守っているのは本当に不思議なことです。これに対し、月暦では新月と立春が緊密に結びついていますから、なぜ正月一日なのかは簡単明瞭。新しい月が生まれ、新しい年が生まれるというわけです。正月が新月で、2週間後には満月がやってくるなんて、思っただけでもうきうきするではないですか。このほか西暦はわたしたちにさまざまな不合理を強いています。さっきの1月1日とおなじように、3月3日が桃の節句で、5月5日が端午の節句で、7月7日が七夕である理由が説明できません。これらはみな月暦による日付けで成り立っていたわけですから、無理ないことです。日本列島に生きてきた人びとの時間は月のリズムでした。わたしたちがこの月のリズムから引き離されたときどんなことが起きるのか、それが生活、身体と結びついていた伝統的行事の混乱、ひいては現在の日本の混迷が証明しているのかもしれません。

自分がどんな時間の中で生活するのかということはとても大切なように思います。押し付けでもない、うそ偽りでもない時間を我が物とするために、時間の体系である暦についてお考え下さい。

 

ページトップへ
Copyright(C)2007 月と太陽の暦制作室 志賀 勝