月
月と季節の暦とは
<月>の会
志賀 勝
カレンダー 月暦手帳
イベントスケジュール
月的生活グッズのご注文はこちらから
【外部リンク】
月的生活のすすめ
月のリズムを感じながら
毎日を楽しく生きるための
情報サイトです
月と季節の暦
月を楽しむ 月と親しむ

11月1日、待望の発売!
2017年版「月と季節の暦」
当サイトにて販売中!

こちらをクリックしてください

更新情報
2016年12月27日(火)
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年11月3日(木)
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年9月26日(月)
月暦手帳の予約注文を開始しました。
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年9月24日(土)
カレンダーの予約注文を開始しました。
志賀勝から一言を更新しました。
2016年8月23日(火)
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年7月24日(日)
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年6月26日(日)
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年5月25日(水)
志賀勝から一言イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年4月17日(日)
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年3月16日(水)
イベントスケジュールの情報を更新しました。
2016年1月11日(月)
志賀勝から一言(会員のぎゃらりー華の報告)イベントスケジュールの情報を更新しました。
年間歳事計画「月の道 人の道」を掲載しました。
過去の更新情報へ

『月 曼荼羅 ─384話月尽くし─』
当ウェブサイトから全国へ限定販売中!
月 曼荼羅
『月 曼荼羅 
 ─384話月尽くし─』
月と太陽の暦制作室、
2008年8月刊 2,100円


画像をクリックすると、詳しい紹介文をご覧いただけます。

ご注文の方法

月と太陽の暦制作室に直接お電話ください。
またはファクスかEメールで表題に「『月 曼荼羅』注文」と明記のうえ、


●郵便番号
●ご住所
●電話番号
●お名前
●ご注文冊数

を下記「月と太陽の暦制作室」にお知らせください。
ファクス
03−5246−5589
Eメール
tsuki@globe.ocn.ne.jp


ご入金(後払い)は、同封の郵便振替票にて最寄りの郵便局でお支払いください。各種お問い合わせはこちらまで


今後のイベント
2016年12月29日(木、月暦十二月朔)
恒例西暦忘年会。18時より〈月〉の会・東京オフィスにて。当日は十二月の新月、月暦の最終月の始まりを忘年会の名を借りて祝います。お問い合わせはオフィスまで。
2017年1月12日(木 月暦師走十五夜)
フォークロアの貴重な映像を残している団体に 民族文化映像研究所がありますが、 月や月暦の歳時を扱ったものを2017年には「月の学校」として何回か鑑賞してい きます。師走十五夜に当たるこの夜、最初の映像として『下園(しもぞん)の十五夜』を取り上げます。1980年に収録された鹿児島県の行事で、食料の神である月に感謝するシーンなど、学ぶことの多い映像資料になっています。志賀による解説があります。当夜は、民映研を主宰した故・姫田忠義さんの子息・姫田蘭さんが見え、民映研の 活動の歴史などお話を伺います。
19時より、オフィス(上掲と同じ)にて。会費1000円。なお、十五夜満月の夜で、月の出は16時45分。月待ちをして月の出を楽しみたい方はご一報ください(お問い合わせは、こちらをクリック
2017年1月24日(火 月暦師走二十七日)
朝6時半からの早い講演会です。経営者モーニングセミナーで「もうひとつの新年」と題し築地本願寺第一伝道会館(東京都中央区)で講演します。
主催・中央区倫理法人会 連絡先TEL03-5714-4001まで
2017年2月3日(金 月暦正月七日)
節分でもある2月3日は新年の七種(ななくさ) の日でもあります。この日、七種摘みをし、囃子歌を歌って七種をたたき、七種粥をいただく催しがあります。志賀は「七種と七日月」のタイトルで講演予定。
場所は ツインドーム龍宮(山梨県北杜市)。詳しい予定については電話090-6165-1254(杉岡さん)までお問い合わせください。
2017年2月11日(土 月暦正月十五夜=小正月)
新年最初の十五夜であるこの日は、小正月として年 間最大の行事が各地で営まれてきた最重要の日の一つです。〈月〉の会は例年この重要な日を「暦開きの会」の名で 歳事を設定してきましたが、今回 は「マーキュリー・アカデミー」内に作られた「月光会」と共同で「月待ち会」を催すことにしました。2016年10月16日の満月の夜でしたが、月光会主催の「月待ち会」をオフィスで行ない、月待ちがはじめての人が35人も集まって月の出の迫力ある光景に驚きの体験をしたことがありました。今回の小正月にも「月待ち」を体験しつつ、小正月ですから小豆粥をいただいたり、繭玉(餅花)造りで遊んだり、の会にしたいと思います。月の出は17時半過ぎなので、17時より月待ち案内人の志賀の話を聞きながら月を待ちます。
オフィス(上掲と同じ)にて。会費は小豆粥など食事代2500円(お問い合わせは、こちらをクリック
今後の満月
月暦十二月(師走)
2017年1月12日(木)
十五夜
望
月齢 13.8
20:34  
月の出 16:45  
南中 23:55  
月の入 7:02 (1月13日)
月暦正月(睦月)
2017年2月11日(土)
十五夜
望
月齢 14.1
9:33  
月の出 17:38  
南中 0:25 (2月12日)
月の入 7:05 (2月12日)
月暦二月(如月)
2017年3月12日(日)
十五夜
望
月齢 13.5
23:54  
月の出 17:26  
南中 23:53  
月の入 6:14 (3月13日)
(いずれも中央標準時)

Copyright(C)2003-2015 月と太陽の暦制作室 志賀勝